黄金の森づくり

 

手入れの行き届かない森が増えたのはなぜ?

「かつてはお金になったが、木材価格が下がり、切っても儲からない。歳もとったし…」という山主たちの声を聞きます。日本の高度成長期、住宅需要が見込めるということで、日本各地にはたくさんの杉・ヒノキが植えられました。
その木が、人口が減り住宅需要も伸び悩んでいる現在、いわゆる「切りどき」を迎えています。この木たちをほったらかしていたら、土砂災害の被害にもつながり、生態系への影響も出てしまいます。
でも、木は悪くありません。植えたのは人間です。だからこそ今、人々がちゃんと考えるべきときではないでしょうか。

 

木がストレスなく幸せに生きる森が「黄金の森」

「ストレスのない木」。それは「人によって無理をさせられていない」「健康な」木。ストレスなくのびのびと生きているシアワセな木は、健全な食物連鎖の中で、他の生き物も、人も元気にし、幸せにしてくれます。そんなシアワセな木々が集まる、輝きに満ちた「黄金の森」づくりプロジェクトを今、クニツクリ会と造林会社、そして林業関係者、さらには異業種の方々にも入っていただき進めています。
具体的には、「建材用としてだけではない、新しいマーケットとつながる(新マーケットを生み出す)」、「バランスの悪くなった針葉樹・広葉樹の植栽比を、健全な状態に戻す」などの活動を行っています。
活動指針として念頭に置いているのが、「これをやることによって、木は本当に幸せなのか?」を常に考えること。木は私たちと同じように生きています。木のことを考える人が増えれば増えるほど、木はシアワセになり、輝く黄金の森に一歩近づくはずです。

 

国産間伐ヒノキでつくったドラムが完成

そんな「木のことを考える」方々とのコラボで、素敵な楽器が出来上がりました。日本の木たちが、さまざまな場所で活躍するのは本当にうれしいことです。
「黄金の森プロジェクト」は誰でもご参加いただけます。ご興味のある方はぜひお声掛けください。